インプラント治療とは

注目のインプラント治療

歯科でいうインプラントとは、人工歯根のことです。一度失った天然歯は取り戻すことができません。従来、入れ歯やブリッジなどの方法で代わりの歯となるものを利用してきました。インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯をかぶせるという治療法です。外科的な手術になることから、綿密なカウンセリングが欠かせません。顎の骨の状態などによっては治療ができない場合があります。また保険適用外になるため、治療費が歯科医院によって費用が異なり、また費用が高いということを知っておきましょう。治療期間も、人工歯根を埋め込み、骨と結合してから、歯ぐきから歯根を頭出しし、その上から人工歯をかぶせますので、治療期間が半年から1年ほどかかる場合が多いのです。

治療することのメリット

インプラント治療することのメリットは、天然歯のような噛み心地を得られるというところです。従来の入れ歯やブリッジの場合、歯が浮いた感じがしたり、発音がしにくいなどの違和感を覚える人が多いです。また、他の健康な歯を支えにして設置したりすることで、健康な歯を痛めたり削ったりする必要があります。しかし、インプラント治療は口の中の違和感が感じられず、健康な歯を傷つけることなく治療ができるというメリットがあります。 人の歯や口の中の状態、体の状態は人それぞれ異なります。インプラント治療をする際には、口腔内の検査と治療方法や費用、治療期間などをきちんと相談しましょう。信頼のおける、自分に合った治療院を探すことがおすすめです。